公益財団法人 みずほ農場教育財団|母子家庭・父子家庭の修学が困難な方への奨学金給付を目的とした教育財団

よくあるご質問|公益財団法人 みずほ農場教育財団

奨学金の給付申請に関する、よくあるご質問をご確認いただけます。

共通のご質問

1応募すれば受給できますか?
奨学生選考委員会による審査により受給者を決定いたします。
2成績について何点以上という制限はないのでしょうか?
5段階評価で平均3.0以上としています。5段階評価以外では5段階に換算してください。
上記以外でも学校の推薦があれば受付けます。
3子どもが3人います。全員応募できますか?
受給資格を満たしていれば全員応募いただけます。
但し、公的書類(戸籍謄本など)は申請人数分取得しそれぞれ添付してください。
4返済について記載が無いのですが?
給付型の奨学金で返還の義務はありません。
但し、給付規程第15条に該当する場合は返還の義務が生じます。
5学校で取りまとめて応募したほうがよいですか?
学校でも個人でもどちらでも構いません。
但し、申請書の記入は申込者に限ります。
6要件に「一人親家庭」とありますが、同居している祖父母・叔父叔母等がいても該当しますか?
一人親であれば該当しますが、様式第1号の申請書「受給希望者と生計を一にする家族及び所得」に記載される内容で判断します。
「生計を一にする」は日常生活を共にしている親族や別居していても生活費や学資金を常に送金している方も含まれます。該当する方がいれば必ずご記入ください。
7申請書類の「6.課税証明書(または非課税証明書)」と「8.納税証明書」どちらも必要ですか?
どちらもご提出ください。
8申請書類の「8.納税証明書」は何の税についてですか?
住民税や固定資産税、軽自動車税等です。
市町村の税務担当課窓口にて「全ての税に未納がないことの証明」で申請してください。

小中学生

1「学習塾・通信教育」とありますが、現在通っていない、申し込んでいなくても応募できますか?
応募できます。パンフレットのコピー等で構いませんので
これから通う塾または申し込む通信教育名、教科や金額がわかる資料を提出書類⑦として添付してください。
2「学習塾・通信教育」とありますが、そろばん教室など習い事も対象ですか?
そろばん教室、英会話教室、水泳教室、ピアノ教室などは対象になりません。
対象となるのは、国語、算数、数学、英語、理科、社会の塾または通信教育です。
3申請書類の「7. 奨学金の使途がわかる資料」とは何ですか?
学習塾や通信教育の入学金や受講料です。パンフレットのコピー等で構いませんので
受講している塾または通信教育名、教科や金額がわかる資料を提出書類⑦として添付してください。
4義務教育でも在学証明は必要ですか?
義務教育(小中学校)では必要ありません。
5リーフレットは学習塾に配布しているのでしょうか?
一部配布しております。

高校以上

14月から高校1年生が申請する場合、推薦調書は中学校で作成してもらうのでしょうか?
中学校に作成をお願いしてください。
直近1年分、中学3年時の成績等に基づいて記入をお願いします。
2申請書類の「7. 奨学金の使途がわかる資料」とは何ですか?
授業料や入学金、教科書代など学校で必要になる費用です。
金額が記載されている学校配布の資料コピーや領収証コピーで構いません。
但し、通学交通費、部活動費や修学旅行費及び積立金、また生活費等としての利用は認めておりませんのでご注意ください。

メニュー

  • LINEで送る

PAGE TOP